カテゴリ「会報・記事・報告」の一覧

 
日時 令和2年4月23日(木) 19:00~通常会員総会

場所 広島市祇園公民館 第1会議室

広島市安佐南区西原1-13-26 ℡082-874-5181

広島県釣りインストラクター連絡機構の定時会員総会を、上記のとおり4月23日(木)に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府による緊急事態宣言をはじめ、会場の祇園公民館より、3密を避ける、少人数の開催、極力対面での会合等は延期あるいは中止など、会議室の使用を制限してほしいと連絡があったため、急きょ、定時会員総会を中止し、書面表決に変更した。
提出締切日までに届いた書面表決書は、賛成が過半数を超え、すべての議案は承認された。

【議題】
1.平成31年度 事業報告について
2.平成31年度 収支決算報告について
3.平成31年度 収支決算監査報告について
4.令和2年度 会長選出について
5.令和2年度 監事選出について
6.令和2年度 事業計画(案)について
7.令和2年度 収支予算(案)について

 

 

 

 

 

日時 令和2年3月28日(土)6時30分出船~14時納竿 曇りのち雨

場所 愛媛県忽那諸島周辺(津和地、怒和地、中島)

参加者 太田氏、平田氏、村上氏、中木氏、佐々木氏、吉野氏、小田氏、徳毛氏、計8名

遊漁船 「希号」 増田博文船長 料金10,000円/人

対象魚 メバル、サビキ仕掛け、オモリ25号

内容
午前6時に廿日市港に集合、8人で希号に乗船し6時30分出船。メバル凪と言うように、メバルは凪の日がよく釣れると言われている。昨日からの風で波が少し高く少々不安交じりで釣り場へ向かう。8時前に釣り場へ到着。やはり波が高くローリングに耐えながら竿を出す。潮は中潮で昼頃が満潮である。上げ潮に向けて好条件の筈であるが、中々当たりがなく厳しい釣りとなった。船頭さんも色々ポイントを探して走り回ってくれたが思うような釣果が上がらず、又、天気予報どうり午後は雨も本降りとなった。

風と雨で寒さが身にこたえ14時過ぎに納竿し、帰路に就いた。型も何時もより小ぶりで、数もあまり出なかった。先週末の半夜釣りでは、25~30㎝のメバルが入食いであったと聞いて期待して釣行したが、ストレスが残った釣りとなぅた。来月リベンジすることを約束して解散した。

報告者:佐々木晃二郎

日時 令和元年11月2日(土) 9:30~10:30 晴れ

場所 太田川放水路右岸河口ならびに道路脇草むら
   広島市食肉センター㈱前付近 広島市西区草津1-11-1

主催 (公財)日本釣振興会 広島県支部

協力 広島県釣りインストラクター連絡機構

参加者 太田氏、中木氏、佐々木氏、村上氏、柳原氏、瀬戸中氏、かめや釣具店社員3名


内容
当日は、爽やかな秋晴れに恵まれ、絶好の清掃日和となった。本部より事前にPR用ポスターをいただき、各自近隣に貼ってもらい宣伝に努めた。何人参加していただけるかと期待していたが、この時期は様々な行事と重なったため9名の参加者による清掃となった。昨年は、たくさんのゴミがあったが、台風の影響で海に吹き飛ばされたのか、このたびゴミは少なかった。

一時間余りの清掃を終え、各自ゴミを持ち寄り分別を行った。ジュースで喉を潤し、集めたゴミは各自が持ち帰り処分してもらうようにお願いし午前11時に解散。この辺りでは、ブリやハマチが釣れるようで、釣り人が彼方此方でジグを投げていた。

報告者:佐々木晃二郎氏


日時 令和元年10月26日(土) 9時~12時

天候 晴れ 中潮(満潮から引きへ)

場所 太田川放水路右岸可部線鉄橋下周辺

参加者 大人3名、子ども4名、講師6名、以上13名

講師 佐々木氏、太田氏、村上氏、平田氏、中木氏、三角氏

主催 広島市三篠公民館 高橋氏

協力 (公財)日本釣振興会広島県支部、JOFI広島


昨夜の雨が嘘のように穏やかなとても良い天気になった。早朝8時、下準備が終わった講師たちが竿をだし、試し釣り!結果は、最初からグルグルと当たりが出てハゼが掛かった。昨年と比べハゼが釣れる?なぜ?理解できない!創造を掻き立てろ!と言われても、自然を前にして答えは出てこない。


午前9時前に2家族6名の参加者が集合。挨拶の後はライフジャケットの着用と安全講習。次に竿の扱いの説明と投げ方を講習。竿の持ち方では、必ずリールは上向き、人差し指で道糸を抑えてベールを外す。竿の構えは、リールシートとリールを右手で持つ。左手は竿尻を軽く握る。竿尻の動かし方で、飛距離の長短の差が出る。2回の実演後、講師が分かれて各児童を指導した。講師が、ある程度出来ると判断した時点で餌を付け仕掛けを投入。結果はすぐに出た。掛かってきたのは16.1mmの良形のハゼだった。


児童のお母さんも竿だし!見事ヒット&キャッチ!手前まで来て根掛かりリリースもあったが、全員が釣ることができた。午前11時過ぎに餌の青虫がなくなったところで釣りを終了。「水辺感謝の日」協賛事業として周辺清掃を開始。先週も同じ場所で清掃しているので、周辺のゴミはなく、土手斜面の清掃を行った。車から廃棄されたごみが集まった。集合写真撮影後、検寸台を使ってハゼの長さの確認。一番大きい順に佐々木JOFI会長から投げ竿のプレゼントがあった。ガイドに白い磁器が使われている年代物だが、丁寧に扱われているので充分に使用できる。子どもたちも各自が釣ったハゼを測り確認し合っていた。高橋氏から講師へのお礼の言葉が参加者とともにあり、お互いに一礼し釣り教室を終えた。

報告者:太田博文氏


日時 令和元年10月20日(日) 9時~12時

天候 晴れ・やや風が吹く程度 満潮・正午

場所 太田川放水路右岸可部線鉄橋下周辺

主催 広島市祇園公民館

協力 (公財)日本釣振興会広島県支部、JOFI広島

講師 佐々木氏、太田氏、村上氏、田邊氏、柳原氏、平田氏、富樫氏、倉本氏


秋祭りを知らせる花火の音が響き渡る太田川放水路河川敷に公民館職員2名、釣り指導担当JOFI広島の釣りインストラクター8名と10組の家族が集まった。公民館責任者より挨拶後、佐々木JOFI会長から挨拶、ハゼ釣り教室が始まった。
はじめは、安全講習は富樫先生より「ライフジャケットの着用方法」、「投げ釣りの際に注意すること」を講義。続いて、太田先生から「投げ竿の説明、リールの取り付け方、竿ガイドへの道糸の通し方」を指導。続いて「投げ方の説明」竿の持ち方、投げる際のリールの位置(必ず上向き)、ライン(道糸)を人差し指で保持して、リールのベールを外す。次に構え方とラインを保持した指を離すタイミング!左手が竿尻、右手がリールと竿を持ち穂先が11時の角度に来た瞬間にラインを保持した指を離す。その際距離を出そうと力まない。飛ばすコツは、竿尻を持つ左手等々を指導。実際に広い河川敷で投げて見せた。力みのないスウィングでジェット天秤ははるか彼方へ・・二度ほど実演した後、全員で河川敷の清掃を15分行った。ゴミは、自然界に無い物を中心に拾ってもらった。地域の方が週末ごとに掃除しているので袋一杯にほど遠い位のゴミしかなかった。


ハゼ釣りの仕掛作りに、竿、リール、ジェット天秤、仕掛、ゴカイを手渡し取り付け方の説明、実際にハリにゴカイを刺して見せた。投げの練習では、ハリ仕掛を付けずにスウィング・・・中々前に飛ばない子も次第に距離が出るようになった。まぁまぁ扱えるようになってから川で実践。その頃になると堤防手前の捨て石に水が掛かるようになってきた。リールの巻き方が遅いと必ずその捨て石に掛かり仕掛ごと喪失する。竿を立てて思いっきり巻くとジェット天秤が浮いて仕掛けの根がかりが防げる。なんとか仕掛の喪失は少なくて済んだ。


最初に掛かってきたのがマゴチの子、次に鮗(コノシロ)の子、次はヒレ先の棘に毒をもつアイゴ(バリ)の子・・・肝心のハゼは今年も無理かと思っていたら、13センチ位のマハゼが釣れた。後、同じサイズが3匹。合計4匹のハゼが釣れた。
正午、笛の音で終了を知らせ全員集合。太田先生の総評では、皆の釣果を問うと全員に何かしらの釣果があった。今後は、ライフジャケットや釣り道具を買って、釣りを楽しんでくださいと話され、ハゼ釣り教室を終えた。

報告者:太田博文氏

日時 令和元年10月19日(土) 9時~12時

場所 広島市三篠公民館3階

主催 広島市三篠公民館

協力 (公財)日本釣振興会広島県支部、JOFI広島

講師 太田氏、佐々木氏、村上氏、平田氏、富樫氏


すぐ近くの三篠神社の境内で秋祭りの準備が着々と進み、神楽舞用のステージ、屋台の組立や商材の搬入等が行われているなか、今回で3回目となる釣り教室の座学を開催。三篠公民館により近郊三校の小学校にチラシを配布した結果、2家族と講座のみ参加2名、合計8名の生徒が参加した。・・文字だけのチラシでは、アピール度が低かったのかもしれない。しかし、少数でも講義には全力を傾ける。

高橋公民館員の挨拶から始まり、佐々木JOFI広島会長の歓迎の挨拶後、釣り教室を開始。まず、安全講習の講義。講師はJOFI広島の富樫先生が担当。釣り場においての危険の説明、身を守るライフジャケットの説明と着用方法を約15分で判りやすく講義。続いて太田講師の釣り講義が始まった。最初に、ハリの名称、サルカン、オモリとしてのジェット天秤、ラインの種類と性質、竿の名称を事細かく釣具の歴史や効用を含めて講義、ハリではカエシの効果と危険性をしっかりと説明、釣りをする際のメガネ・帽子の重要性が判って貰えたと思われる。


休憩をはさみ、ハリ結び、サルカン結びを指導。大きなハリと紐を使って指導。サルカン結びは、金属の大きな輪に紐を通しユニノット。結び方をマスターしないと、自分で仕掛けも作れないし、手直しもできないので、出来るまで頑張ってもらった。各講師の先生方も横について個人指導。ほぼ習得したようなので、次は、釣りエサの講義。魚の関心はまずエサ。竿やリール、ライン等々よりもエサを見てくる。オキアミの良し悪しの見分け方。ハゼ釣りで使うゴカイの歴史と昔からある釣具店の栄枯盛衰が生じる訳の話(余談)。アオムシと云われるけど釣具店で売っているのは赤いのはなぜ・・。ゴカイをハリに付けても元気よく動く刺し方。釣具店では石粉とゴカイを別々にしてもらう理由。木製のエサ箱を使ってゴカイを弱らせないことと、自然界に不必要なプラステックゴミを出さない努力も説明。ラストは、竿の持ち方、投げ方を教室内で出来る範囲で指導し終業。来週26日は、太田川放水路でのハゼ釣り実習を同じ生徒で行う。
ハゼが釣れる事を期待します!

報告者:太田博文氏

日程 令和元年10月15日(火)晴れ

主催 (公財)日本釣振興会広島県支部

放流魚種 キジハタ3,000匹

早朝、4時30分起床、天気予報通りの晴れ。5時30分外はやや風が吹いていた。波高1mだから仕方ない風と思っていた。コンビニで自分と船長の弁当・飲物を購入しボートパーク広島へ向かう。8名全員揃ったところで日釣振のビブスと膨張式救命胴衣を着用した。予定通り6時30分にかめや釣具タートル1号で出発。約15分で、下松市栽培漁業センターの糸原氏が待つ草津港へ到着。指示しなくても皆さん段取りよく稚魚を船に積み込み、草津港を8時過ぎ出発。港を出ると風が一段と強くなっていた。稚魚は、体長平均82.9mm、平均体重11.6g、と立派な?サイズだが、放流まで酸素補給がないと死んでしまう。ポンプで上から海水を時々入れての酸素補給をした。


波が高く放流場所の灯台まで約1時間も掛かってしまった。今回放流の協力をしていただいたのは、広島県支部から3名、JOFI広島から2名、釣人3名、船長1名の計9名。全員65歳以上で、70歳代、80歳代のご高齢だけど元気に釣りができる方々ばかり。バケツに稚魚を入れ一斉放流。風とウネリで大変だったが、無事3,000匹を放流し終えた。


今年の夏前に船釣りに出かけた折、船長から「アコウ(キジハタの別名)が広島湾で釣れたと遊漁の船長仲間から聞いた」と話してくれた。5年目でようやく結果が出始めたようだ。キジハタは、3歳までメスで4歳ころからオスに転換する魚もいて、3歳ころから産卵ができるようになると、下松市栽培漁業センターの糸原氏から話があった。遊漁船の船長からは約40cmのアコウ(キジハタ)が掛かったと聞いたので、最初頃の放流魚のようだ。まだ、小さいので60cm程度まで待ってもらうと、もっともっと沢山のキジハタが育つ広島湾になるのだが、釣人の意識はそこまでないかもしれない。アオリイカと同じように生まれてすぐのアオリイカを釣り上げると、ど迫力のある引きが楽しめることはできないが、と思うのは私だけではないと思う。
大きく育てキジハタよ!そして合わせの微妙なやりとりを楽しませてくれ!

報告者:広島県支部 太田博文氏


日時 令和元年5月8日(水)
   18:30~受付開始(年会費受付) 19:00~通常会員総会

場所 広島市祇園公民館 第1会議室
    広島市安佐南区西原1-13-26 ℡082-874-5181

1.開会の言葉
2.出席者報告 出席:17名 うち委任状:6名(会員数26名)
3.会長挨拶  
4.議長選出  
5.議  事
議題
第1号議案 平成30年度事業報告について
 第2号議案 平成30年度収支決算報告について
 第3号議案 平成30年度収支決算監査報告について
 第4号議案 令和元年度会長選出について
 第5号議案 令和元年度監事選出について
 第6号議案 令和元年度事業計画(案)について
 第7号議案 令和元年度収支予算(案)について
 第8号議案 その他

6.議長解任
7.閉会の挨拶
8.事務局連絡
9.記念写真撮影

日時 平成30年10月14日(日)11時40分~15時30分

場所 広島市南区東平塚町 鶴見橋西詰め京橋川右岸、左岸

参加者 竹屋学区の小学生、親、スタッフ 計約100名

参加費 500円 (エサ代・保険料)

主催 竹屋地区社会福祉協議会、竹屋母親クラブ

主管 竹屋地区青少年健全育成連絡協議会

共催 竹屋小学校、竹屋小学校PTA、竹屋児童館、竹屋地区子ども会育成協議会、竹屋民生委員児童委員協議会、竹屋公民館

協力 広島荒磯クラブ、広島県釣りインストラクター連絡機構、広島中央交通安全協会

講師 広島荒磯クラブ会長・JOFI広島インストラクター松原松太、ほか荒磯クラブ会員8名


「医師待機のボランティア参加」
広島市竹屋学区の小学生1~6年生の児童を対象に毎秋行われている福祉協議会主催、青少年健全育成連絡協議会主管、広島荒磯クラブ協力の「第18回竹屋っ子ハゼ釣り大会」が、去る11月14日(日)開催され、当日我がクラブからは沢崎外科医師と斎内科医師が参加者の怪我や体調不良者が万一生じた場合に備え会場に待機、他の7名は実釣のバックアップと計9名でお手伝い。
 我々9名は開会式の会場に10時に集合し、全参加児童が利用する釣り具の確認と仕掛けのセットを終え開始を待った。
 幸い暑くもなく寒くもなく、秋晴れで爽快。その内参加の児童、親、スタッフを合わせて100名が竹屋小学校のグランドに揃い、開会式が行われ、主催者や学校長の挨拶、その他のセレモニーを済ませた後に近くの広島市内を流れる京橋川の川岸に全員が移動し、12時半から14時半までの2時間、ハゼをターゲットに投げ釣りを楽しみ、釣果の検量(一人5~15匹)を済ませた後に小学校のグランドに戻り、表彰と交通安全協会の講話、閉会式が執り行われ、15時半に閉会解散。
 人々とのふれ合い、未来の釣り愛好者の誕生、この良き自然環境の保全などが、この大会を通じて育む一助になればと思いながら当クラブは発足来、毎年参加です。
(報告者 松原松太)

2018-08-26

第2回理事会

1,日時 平成30年8月20日(月)19:00~20:30
2,場所 祇園公民館 第2会議室
3,出席者 10名

4,内容
(1)9月1日(土)親子ハヤ釣り教室について(予備日9/2(日))
(2)10月2日(火)キジハタ稚魚放流およびJOFI広島研修会について
(3)10月○日(△)太田川探検について(予備日10/○(△))
(4)
①10月6日(土)太田川きれい作戦・親子ハゼ釣り教室(座学)について
②10月14日(日)太田川きれい作戦・親子ハゼ釣り教室(実釣)について(予備日10/28(日))
(5)
①10月20日(土)家族で楽しむアウトドア食ing(座学)~ハゼを釣って食べよう~について
②10月27日(土) 家族で楽しむアウトドア食ing(釣り)~ハゼを釣って食べよう~について
(6)11月○日(△)竹屋っ子ハゼ釣り大会について
(7)1月19日(土) 第3回理事会および懇親会について
(8)3月○日(△)JOFI広島メバル釣り研修会について(小潮の土曜日が望ましい)
(9)JOFIひろしま№59について
(10)その他
ライフジャケットの共同購入について
事務局連絡 後半行事参加者の取りまとめを急ぐ